総合ニュース

松戸市制施行70周年記念 社会知性フォーラムを開催しました。

2013/7/22

平成25年7月21日(日)、松戸市民会館において、社会知性フォーラムを開催しました。

この社会知性フォーラムは、専修大学の社会に対する新たな貢献活動の一環として、平成22年度より実施しております。今年は松戸市が市政施行70周年を迎えました。それを記念して、専修大学と専修大学松戸中学校・高等学校が連携をとり、フォーラムを通して広く社会に知の発信をしたいと考え、開催いたしました。 571名の方の参加がありました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 
松戸市民会館にて:社会知性フォーラムを開催しました。

 

日高理事長・学長から開会の挨拶 矢野文学部教授からフォーラムの説明

講演に先立ち、専修大学理事長・学長の日高義博先生から開会の挨拶がありました。 次に講演会のコーディネイターの専修大学文学部 矢野建一教授よりフォーラムの内容について説明がありました。 講演は3人の先生方をお招きしておこなわれました。 また、フォーラムの司会は本校高等学校・放送部の城北篤志君が行いました。

 田中禎昭先生(専修大学文学部卒業)                墨田区立すみだ郷土文化資料館専門員  デーマは「古代葛飾と八世紀の環境クライシス」
   湯浅治久先生                           (市川歴史博物館学芸員を経て                    現在は専修大学文学部教授)  テーマは「まつどから広がる中世世界」

      山田順子先生(専修大学文学部卒業)                CMディレクター、放送作家を経験され現在は時代考証家としてご活躍されています。ドラマ「JIN」や「一休さん」など多くの番組の時代考証と構成を担当されています

 テーマは「江戸の食生活を支えた松戸」
 本校和太鼓部による演奏  司会は本校高等学校・放送部の城北篤志君
 パネルディスカッションの様子  本校校長桝谷有三から閉会の挨拶

 

 

ページトップへ
Copyright(C)2016 Senshu University Matsudo Junior & Senior High School. All Rights Reserved.