総合ニュース

専修大学松戸中学校 東京理科大学 学長の藤嶋昭先生講演会を開催しました。

2015/1/10

平成26年12月16日(火)、専修大学松戸中学校では、東京理科大学の学長で工学博士の藤嶋昭先生をお招きし、講演会を開きました。専門は光電気化学、機能材料化学。初代東京大学特別栄誉教授財団法人神奈川科学技術アカデミー理事長などを歴任され、「トムソン・ロイター引用栄誉賞」という、ノーベル賞に最も近い賞を受賞されました。

048 096

講演のテーマ「科学を楽しく-身のまわりの現象に感動しよう」です。 空はなぜ青いのか、夕焼けはなぜ赤いのか、虹はほんとうに7色か、身のまわりの現象についてなどを実験を交えての講演でした。 また、ファラデーやアインシュタインなど、先生が感動した過去の偉人の話や、虹や夕焼けなど、光に関する様々な現象を紹介していただきました。
質問コーナーでは生徒だけでなく本校の校長、教頭からの質問にも気さくに答えていただきました。生徒は、藤嶋先生の講演から「常に疑問を持つ」「基礎を作る」など実践し、今まで以上に科学に興味を持っていくことと思います。

119 126
「空はなぜ青いのか」の実験
181 159
本校の教頭からの質問
247 256
生徒からの質問 お礼の花束贈呈
ページトップへ
Copyright(C)2016 Senshu University Matsudo Junior & Senior High School. All Rights Reserved.