総合ニュース

専修大学松戸高等学校 国際貿易とインドネシアについての講演会

2015/11/27

平成27年11月18日(水)、本校の多目的ホールで、県と独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所との連携事業の一環として、インドネシアからの研修生を講師に招いて国際貿易とインドネシアについての講演会を行いました。

 DSC_8406 DSC_8411


政治経済の授業の一環として、国際交流を通じての異文化理解を目的としています。

講演会に先立ち、本校の代表生徒(五十嵐大智君)による学校紹介と日本の紹介が英語で行われました

 DSC_8397
 五十嵐大地君の学校紹介と日本の紹介


その後、研修生の方が英語での講演を行って下さいました。
インドネシアの歴史、日本との経済連携協定(IJEPA)について、またインドネシアの自然や文化についても説明していただきました。

 DSC_8402
 インドネシアからの研修生の方の講演


最後の質疑応答では、インドネシアで既に導入されている軽減税率に関する質問から、現地のアイドル事情までの幅広い質問に対して、丁寧に答えて頂きました。

DSC_8428  DSC_8443
 質疑応答


今回の講演会を通じて、地域的経済統合がアジアでもハイスピードで進んでいることを改めて学べたと思います。今後、世界で活躍する上で、英語に加え、様々な文化や価値観を理解していくことの必要性も感じ取れたかと思います。

今回の講演を一つのきっかけとして、専松からたくさんの生徒が世界へ羽ばたき、活躍していくことを願っています。

以下、生徒の感想です。

「全て英語での講演は聞き取るのが大変だったが、今大学で進められている英語での授業とはこういうことなんだなと思った。インドネシアとの貿易はあまり知らなかったが、IJEPAの締結後一気に貿易がさかんになってすごいと思った。また意外に多くの日本人がインドネシアに観光へ行っているのを知って自分も行ってみたいと思った。」

「日本は今、国を良くしようと様々な政策をやっているが、世界には日本よりも進んだ政策をしている国がインドネシアをはじめたくさんあるはずだから、それらの国々を参考にすることが大事だと思った。そしてインドネシアには様々な魅力があることもわかったから、一度は行ってみたいなと思った。」

「わかりやすい英語と写真や動画を使って説明して下さったので、理解することが出来て、話を聞くのが面白かった。私はフィリピンに住んでいたことがあるのですが、物価の安さや日本の中古品を使っていたり、海がきれいな点で、フィリピンとインドネシアが似ているなと思いました。バリ島に行ってみたいです!」

ページトップへ
Copyright(C)2016 Senshu University Matsudo Junior & Senior High School. All Rights Reserved.