理事長・校長メッセージ

理事長挨拶

理事長 富山 尚德

生徒の個性を大切に
さらなる新たな発展を目指して

専修大学松戸中学校高等学校は、学校法人専修大学によって創立されました。創立以来、一貫として生徒を基本に据えた教育を行なって参りました。この半世紀の実績と伝統を礎(いしずえ)に、生徒の個性を大切に、さらなる発展を目指します。

近頃の国内外の情勢を見ますと、国際紛争をはじめ政治・経済・環境・その他、あらゆる分野において種々の問題が発生し、ときにこれが複雑に絡み合うなど、さらに激動の未来が予感されております。このような時代に、本校は、広い世界を舞台に、自主的、創造的に力強く活躍し、社会に貢献する人材を育てるべく邁進しております。さらに、そうした教育を実現するために、本校の母体である専修大学は、いち早く「社会知性」の開発を掲げております。

「社会知性」とは、「深い人間理解と倫理観を持ち、地球的視野から独創的な発想により、主体的に社会の諸問題の解決に取り組んでいける能力」であります。それは本校の建学の精神の具現化であり、教育目標の実践であると考えています。

校長挨拶

校長 小泉 毅

「国際社会で活躍できるリーダー」の育成を目指して

本校は、専修大学の建学の精神である「報恩奉仕」の精神を教育に具現して、人材の育成に努めるとともに、地域の文化向上と、発展に貢献するために、高等学校を昭和34年、中学校を平成12年にそれぞれ開校致しました。 その建学の精神に基づいて、東京オリンピックが開催されるのをきっかけに、昭和38年には「小さな親切」運動に日本で初めて全校加盟をして現在に至っています。
今日のグローバル社会を生きるにあたって、その精神を礎に国際社会においてリーダーとして活躍できる人材の育成に取り組んでいます。 また、「生徒を基本に据えた学校づくり」を挙げて、教職員、保護者が相互協力をする中で、生徒の自己実現、社会貢献につながる成長の場として位置づけ、さらに、生徒一人ひとりと真摯に向かい合いながら、生徒一人ひとりの希望が叶う教育を追及するため、「建学の精神(報恩奉仕)」「国際教育(英語教育)」「類型制システム(X,E,A,S)」の3つの教育の柱を中心に学校づくりに取り組んでいます。
心の教育をすすめるにあたっては、本校の伝統的な奉仕活動の実践とともに、学校生活の目標としての「時を守り、場を浄め、礼を正す」を通して、リーダーとして相応しい品格や自律的な行動の育成に努めています。

Return to Top ▲Return to Top ▲