理事長・校長 挨拶

理事長挨拶

理事長 富山 尚德

生徒の個性を大切にして「社会に貢献できる知性豊かな人材の育成」を目指します

  専修大学松戸中学校・高等学校は、創立以来、一貫して生徒を基本に据えた教育を行なって参りました。この実績と伝統を礎(いしずえ)として、生徒一人一人の個性を大切に、さらなる発展を目指します。

  今日の国内外の情勢を見ますと、グローバル化への進展をはじめとして政治・経済・社会、さらには、IT技術の進歩に伴う産業構造や生活環境の抜本的な変化など、あらゆる分野において大きな社会変革に直面すると共に、さらにこれが複雑に交錯し、激動の未来が予感されます。

  このような時代に、本校は、広い世界を舞台に、自主的・創造的に力強く活躍し、社会に貢献できる人材を育てるべく邁進しております。

  生徒一人一人が「志」を持ち、目標を設定し、充実した学校生活を通じて学力と体力を向上させるために、本校は勉学と部活動を奨励し、大きな成果も上げてきました。しかし、社会に貢献できる人材となるためには、学力と体力に加えて、深い人間性と豊かな知性が備わらなければなりません。本校は、『社会に貢献できる知性豊かな人材の育成 ―人間性と知性を培う―』という教育ビジョンを掲げ、人材育成に努めて参ります。

校長挨拶

校長 德山 斉

社会に貢献できる知性豊かな人材」の育成を目指して

 

  本校は、専修大学の付属校として、建学の精神である「報恩奉仕」の精神を教育に具現して、社会に有為な人材の育成に努めるとともに、地域の発展に貢献するために、高等学校を1959年、中学校を2000年にそれぞれ開校致しました。東京オリンピック開催を契機に始まった「小さな親切」運動に高校として日本初の全校加盟し、現在にその精神を受け継いでいます。

  「社会に貢献できる知性豊かな人材」には人間性と知性が求められます。それは、「何のため」という目的観や「自分を信じ、決して諦めない強い精神力」に欠かせない他者への視点を身に付けること等で培われていくものです。

  学校全体として、「生徒を基本に据えた学校づくり」を挙げて、教職員、保護者が相互協力する中で、生徒の自己実現を図るために、より生徒1人1人と真摯に向かい合いながら、それぞれの希望が実現する教育に日々取り組んでいます。

  また、学校生活の規律として「時を守り、場を浄め、礼を正す」を掲げ、リーダーとして相応しい品格や自律的な行動の習慣化に努めています。

  人生の土台作りを強固なものにし、いかなる社会の中でも活躍できる人材の輩出に力を注いでいきます。

Return to Top ▲Return to Top ▲