建学の精神

専修大学は1880年(明治13年)、選ばれて米国に留学した4人の先覚者によって創立されました。創立者たちは「新しい学問を学べる幸福を、日本の多くの青年に分かち合いたい」「人のため、社会のために役に立ちたい」という報恩奉仕の思いから、経済学と法律学を教える「専修学校」を開きました。その後専修大学は、7学部を擁する総合大学として発展しています。

本校は親大学の創立者たちが抱いた精神を戴いて「報恩奉仕」「質実剛健」「誠実力行」を建学の精神としています。21世紀を担うリーダーには、ハートフルでパワフルな人材がますます必要とされていますが、そうした要請に応えるべく、本校は建学の精神に基づき、優れた専門性と語学力、さらに人間力を身につけた、社会のため人のために貢献できる心あるリーダーの育成を教育の基本に据えています。

Return to Top ▲Return to Top ▲