学校からのお知らせ

新型コロナウイルス感染防止のための本校での取り組み

2020/5/29

本校では6月1日からの生徒の分割・分散登校に伴い、新型コロナウイルス感染防止のため、以下の項目に取り組んでまいります。

《手洗い、消毒、検温、換気の徹底》

・教員、生徒ともにマスクの着用、手指の手洗いや消毒を徹底します。

・登校時、中学校では東館昇降口、高校では正門で手指の消毒をします。また各教室に消毒薬

を設置してあります。※アルコールにアレルギーのある生徒は、石けんでこまめに手洗いをしてください。

・教員、生徒ともに午前8時までに検温を実施し、入力を済ませます。入力を済ませていない

生徒は正門(非接触型体温計)にて計測します。

・登校時に発熱のある場合は、別室待機後、そのまま下校となります(保護者の方に迎えに来て

いただきます)。

・毎時間、授業中は定期的に窓を開け、換気をいたします。

・校内の冷水器は使用を中止とします。

・以下の箇所を課業中、定期的に消毒いたします。

※普通教室(特別教室)の窓の鍵・電灯のスイッチ・廊下側のドア(前後)、トイレのドアノブ、廊下の手すり等。

《普通教室での授業、身体的距離》

・教員は授業時にマスクとアクリル板のフェイスシールドを着用します。

・教室内の生徒と生徒の間隔は1m~1m20cmほど空けます。

・1学期中、グループワークなどは行いません。

・トイレや水飲み場などには1m程度のラインを引き、密集して待たない工夫をします。

・昼食時は話をせず、黒板の方を向き、お互いに顔を向けずに食事をします。また学食でも向

かい合って着席はしません。

・1学期中、1クラス以上が集まる集会(学年集会等)は実施しません。

《実技科目等の取り組み》

・情報(コンピュータ室)の授業では衝立を立て、授業を実施します。

・音楽の授業では換気を十分に行い、1学期中、歌唱指導は実施しません。

・体育の授業ではスポーツ庁の通達に沿って、可能な限り屋外で実施したり、生徒が集合したり整列する場面を避ける工夫をして実施します。また体育館においても定期的に換気を行います。

・技術の授業では1クラスを分割して授業を行うこともあります(中学)。

・英会話の授業では1m以上の間隔を取り、授業を実施します(中学)。

Return to Top ▲Return to Top ▲