総合ニュース

専修大学松戸中学校 社会科講演会を開催しました。

2014/7/1

平成26年6月28日(土)、本校第2体育館にて、松戸市立博物館学芸員の小林孝秀先生をお招きして、社会科の講演会を開催しました。
講演会は、”考古学とは何か?”をテーマに千葉県内、特に松戸市周辺はいつから人間が生活していたのかについてお話していただきました。

 289

6,000年前は縄文海進と呼ばれるころで、松戸市周辺も海だったそうです。専修大学松戸中学校高等学校の周辺にも貝塚や村が存在していた跡が見つかっているそうです。
生徒たちは身近に遺跡があったこともあり、興味深く説明を聞いていました。
これを機会に近くにある貝塚を見学したり、松戸市博物館に行ってみるなどの歴史にふれるきっかけになったことと思います。

279 298
小林先生の講演  生徒の質問もありました

 

松戸市博物館では展示だけではなく、勾玉を作ったりする体験コーナーや講演会なども開催しているそうです。

松戸市博物館のホームページ --->  Šî–{ RGB
Return to Top ▲Return to Top ▲