学習活動

将来の目標へ、
効率的な先取り学習で高度な学力を養成

6年間を大きな流れとしてとらえ、体系的に再編集したシラバスをベースに、無理無駄のない効果的な先取り学習を実現。
各教科とも自分の意見として表現できる能力の養成と、知識をいかに柔軟に応用するかを重視した指導に力を注いでいます。

教科学習について

思考力養成を重視した授業

難関大学合格のみならず、その先の未来を見据えた教育に力を注ぐ本校では、国際舞台で活躍するために必要な思考力や表現力の育成を重視した授業プランを徹底しています。

効果的な先取り学習を実現

中学・高校の学習内容を一連の流れの中で再編することにより、より理解しやすく、より効果的な先取り学習を実践。そこからうまれたゆとりがさらに高度な学力養成へとつながっています。

家庭学習の定着にも力を注ぐ

学校と保護者の方々との連携プレーにより、生徒の自ら学ぶ姿勢を育み、自ら学ぶ楽しさに気づかせるため生活記録ノートを活用。しっかり予習・復習をする習慣の定着を図っています。

Return to Top ▲Return to Top ▲