英語リスニング試験

本校の教育目標である「国際人の育成」と、学校内外の教育におけるコミュニケーション能力重視の流れに沿って、平成22年度入試より英語の試験の中にリスニング試験を導入しています。

英語リスニング試験について

試験時間について

試験時間は、リスニング試験を含んで他教科と同様に50分とする

  • 最初にリスニング試験を行い、放送終了後すぐに筆記試験を行う
  • リスニング試験時間は10分以内とする

レベル

英検3級~英検準2級 リスニング試験問題程度のもの

リスニング問題パターン

前期試験も後期試験も、次の(1)(2)の2種類の問題を出す予定です。
問題の組み合わせは試験によって異なります。

(1)会話(2種類のうちの1つ)、又はビジュアル問題のどちらかからの出題

会話問題

A-B-Aに続く応答パターン

  • 選択肢は音声のみで冊子には印刷されていません

又は

Aに続く応答パターン

  • 選択肢は印刷されていて音声では流れません
ビジュアル問題

会話を聞き、絵を見て答える問題も含まれる

 

(2)説明または会話文ひとつに対して数題の内容把握問題

筆記試験について

リスニングテストの導入に伴い、筆記試験では以下のような変更点があります。

  • 会話、発音、アクセント問題は出題されません
Return to Top ▲Return to Top ▲