類型制システム

「類型制システム」のメリットとは

個々の生徒の進路目標に合わせたクラス編成と的確なカリキュラム、バラエティーに富んだバックアッププログラムを柔軟に組み合わせ、総合的、効率的に能力アップをめざせるのが本校オリジナルの類型制システムの特長。卒業まで類型毎にクラス編成を行い、進路希望に合わせたコース、科目も類型毎に選択します。 

E類型 -難関国公立大学進学類型-

2年進級時 E←→Aの転類制度
(実力テスト・考査の成績を加味して決定)

(8:00登校 指定校推薦なし 一般受験で進路開拓)

難関国公立大学への進学を目標とする類型です。1年次より主要5教科の学力アップに徹底して取り組み、授業進度を速くし、かつレベルの高い授業を展開しています。定期考査では、入試を意識した難易度の高い内容を設定しています。

A類型 -専修大学・上位国公立大学・私立大学進学類型-

2年進級時 E←→Aの転類制度
(実力テスト・考査の成績を加味して決定)

(8:30登校 指定校推薦あり 専大クラスを設置)

学力養成を重視しつつ、部活動や生徒会活動も尊重した高校生活の中で、上位の国公立・私立大学進学をめざす人のための類型です。3年次には専修大学・国公立大学・私立大学の3つの目標別指導を展開し、多様な入試形式へ対応します。

S類型 -スポーツ類型-

(8:30登校 特別強化指定部と強化指定部の指定校推薦対象者のみ)

◇特別強化指定部:野球部 ◇強化指定部:ラグビー部、陸上競技部、サッカー部、相撲部
運動系部活動で全国大会と目標大学現役合格をめざすスポーツ重視の類型です。数多くの全国大会、インターハイ出場経験と、筑波大学・早稲田大学・明治大学などへの進学実績を誇ります。

X類型 -中高一貫類型-

確かな学力の伸長をめざし、6箇年の教育課程を経て目標を実現する中高一貫の類型です。
一貫生のクラス編成はカリキュラムの都合上、卒業まで他類型とは別になります。

専修大学への付属校推薦について

付属校推薦の対象は全ての類型です。ただしA類型・X類型(3年次)の専大クラスの生徒が優先されます。
受験勉強にとらわれず付属のメリットを生かして、早期から社会へ向けた目標を設定し取り組むことができます。

Return to Top ▲Return to Top ▲